コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

闕腋の袍 けってきのほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

闕腋の袍
けってきのほう

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けってき‐の‐ほう〔ケツエキ‐ハウ〕【××腋の×袍】

両わきの袖付けの下を縫い合わせないで開け広げたままの。襴(らん)がなく、動きやすくしたもの。武官幼年束帯に用いた。縫腋(ほうえき)の袍に対していう。わきあけ。(あお)。闕腋

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けってきのほう【闕腋の袍】

両脇をあけた無襴の袍。位階によって色が定められていた。四位以下の武官が節会せちえや行幸の儀仗ぎじようの際に、また、未成年者が束帯の時に着用した。わきあけのころも。位襖。闕腋。襖あお

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

闕腋の袍の関連キーワード舞楽装束未成年者位階行幸位襖縫腋両脇儀仗参照半臂項目

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android