コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縫腋の袍 ほうえきのほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

縫腋の袍
ほうえきのほう

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほうえき‐の‐ほう〔‐ハウ〕【縫×腋の×袍】

両わきの下を縫い合わせて裾に(らん)をつけた天皇文官および四位以上の武官着用した。闕腋(けってき)の袍に対していう。まつわしのうえのきぬ。縫腋

まつわし‐の‐うえのきぬ〔まつはし‐うへのきぬ〕【縫腋の×袍】

ほうえき(縫腋)のほう(袍)」に同じ。〈和名抄

まとわし‐の‐うえのきぬ〔まとはし‐うへのきぬ〕【縫腋の×袍】

ほうえき(縫腋)のほう(袍)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうえきのほう【縫腋の袍】

脇を縫い、裾に襴らんを付けた袍。天皇や文官、四位以上の武官が着用。まつわしのうえのきぬ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の縫腋の袍の言及

【元服】より

…それまで無帽で頭をあらわにしていたのをやめ,初めてをかぶる。服装も闕腋(けつてき)の袍(ほう)から縫腋(ほうえき)の袍に着替えるので容姿が一変する。そのため以前よりも見ばえがすることを意味する〈上げ優(まさ)り〉,その反対の〈上げ劣(おと)り〉〈元服劣り〉などという語まで生まれた。…

【束帯】より

…また文官でも参議以上で勅許を得た者は剣(たち)を佩用し,文官,武官とも剣を吊るために平緒といわれるひもを用いた。袍は上着で,有襴衣の縫腋(ほうてき)の袍と無襴衣の闕腋(けつてき)の袍の2種がある。前者は文官の,後者は武官および若年の料である。…

【袍】より

…奈良時代以来の朝服およびその変化形式である束帯衣冠の上着。〈うえのきぬ〉ともいう。詰襟式の盤領(あげくぴ)で,身は二幅,袖は奥袖にほぼ半幅の端(鰭)袖(はたそで)をつけた裄(ゆき)の長い衣。奈良時代から平安時代初期にかけての袍は身ごろも袖も細いものであったが,平安時代中期以降,服装の和様化,長大化によって,身ごろが広く,袖丈が長いものに変わった(図)。袍の形に2種あり,文官の用いるものは両脇が縫いふさがり,裾に襴(らん)がついた,有襴(うらん)の袍または縫腋袍(ほうえきのほう)といい,若年や武官の用いるものは両脇を縫いふさがず開いていて,襴をつけていないもので,(あお)とか無襴の袍,または闕腋袍(けつてきのほう)と呼んだ。…

※「縫腋の袍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

縫腋の袍の関連キーワード帛御服束帯衣冠項目参照

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android