コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

於ける オケル

デジタル大辞泉の解説

おけ‐る【×於ける】

[連語]《動詞「お(置)く」の已然形+完了の助動詞「り」の連体形。「…における」の形で》
作用・動作の行われる場所・時間を表す。…の中の。…での。…にあっての。「日本に於ける生活」「過去に於ける経験」
両者の関係を表す。…についての。…に関しての。…に対する。「古代史に於ける造詣の深さ」
「西行の和歌に―、宗祇の連歌に―、雪舟の絵に―、利休が茶に―、其(その)貫道する物は一なり」〈笈の小文

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

於けるの関連キーワードジークフリート ギュンターチャールズ・S. エルトン三二年テーゼ(抄)ヘルマン バウマンヘルムート クーンI. ホグビンドロッパーズ石橋 万喜夫築田 多吉比田井天来真木 信夫山田智三郎三井 光弥朝永三十郎高島平三郎木村素衛に於ける千輪 浩沼本克明常盤大定

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

於けるの関連情報