コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防ぐ/禦ぐ/拒ぐ フセグ

2件 の用語解説(防ぐ/禦ぐ/拒ぐの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふせ・ぐ【防ぐ/×禦ぐ/拒ぐ】

[動ガ五(四)]《古くは「ふせく」》

㋐敵の攻撃を抑える。敵に侵害されないようにする。「本土への侵攻を―・ぐ」
㋑好ましくないものを、さえぎって中へ入れないようにする。「窓を二重にして寒さを―・ぐ」
好ましくない事態が生じないようにする。「二次感染を―・ぐ」「混乱を―・ぐ」
[可能]ふせげる

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふせぐ【防ぐ】

( 動五[四] )
〔室町頃まで「ふせく」と清音〕
外部から侵入しようとするのを、くいとめる。 「敵の猛攻を-・ぐ」 「外敵の侵入を-・ぐ」
風雨や寒さなどが内に入らないようにする。 「冷たい北風を-・ぐ」 「西日を-・ぐ」
悪いことが起ころうとするのを、あらかじめ手段を講じてくいとめる。防止する。 「病害虫の発生を-・ぐ」 「事故を未然に-・ぐ」
対抗して戦う。 「 - ・く者あらば討取れ/平治
[可能] ふせげる

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone