コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防火材料 ぼうかざいりょうfire protection material

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

防火材料
ぼうかざいりょう
fire protection material

所定の時間,所定の温度で加熱したとき,材料自体は熱的分解を起しても,炎を出して持続的に燃焼しないもの。建設省 (現国土交通省) では 1970年の告示によって,防火材料を,不燃材料,準不燃材料難燃材料の3段階に分けて,その試験法,合格条件,認定規準,手続,その他を示している。不燃材料は,建築基準法 (昭和 25年法律 201号) 2条9号では「コンクリート,煉瓦,瓦,石綿スレート,鉄鋼,アルミニウム,ガラス,モルタル,漆喰,その他これに類する建築材料で,政令で定める不燃性を有するものをいう」と定義している。準不燃材料は木毛セメント板,石膏ボードなど,難燃材は難燃合板,各種の難燃性のプラスチック板などである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

防火材料の関連キーワード所定

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

防火材料の関連情報