コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿久津盛為 あくつ もりため

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿久津盛為 あくつ-もりため

1843-1922 幕末-大正時代の国学者,神職。
天保(てんぽう)14年生まれ。青木幸躬(さちみ)にまなぶ。明治2年芝宮神社の神職となり,のち群馬県下の神職取締所長などを歴任。群馬県邑楽郡(おうらぐん)古海に児島高徳の終焉(しゅうえん)遺跡を発見,22年児島神社をたてた。大正11年10月24日死去。80歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。著作に「児島高徳朝臣墳墓考」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

阿久津盛為の関連キーワード大正時代国学者

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android