阿伏兎岬(読み)あぶとみさき

世界大百科事典 第2版の解説

あぶとみさき【阿伏兎岬】

広島県東部,沼隈半島の南端にあり,岬端に通称阿伏兎観音(磐台寺観音。重要文化財で,本尊は海中より出現の観音石像)が祭られている。備後灘に面し,中世以来の内海航路を見下ろす位置にあり,西方の田島との間は幅約300mの阿伏兎瀬戸で,潮流が早いうえ屈曲するため鞆(とも)~尾道間の往来に難渋した。観音堂は往来の安全祈願のためといわれる。海上からはウサギが伏した形に見えるためこの名が出たともいう。【藤原 健蔵】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android