コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沼隈 ぬまくま

2件 の用語解説(沼隈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沼隈
ぬまくま

広島県南東部,福山市南部の旧町域。沼隈半島南部に位置し,瀬戸内海に面する。 1955年千年村と山南村が合体して町制。 2005年福山市に編入。イグサを原料とする備後表発祥の地。ミカンブドウを産するほか,10万tドックを有する造船所がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沼隈
ぬまくま

広島県東部、沼隈郡にあった旧町名(沼隈町(ちょう))。現在は福山(ふくやま)市の一地区。瀬戸内海に突き出た沼隈半島の南西部を占める。旧沼隈町は1955年(昭和30)千年(ちとせ)、山南(さんなん)の2村が合併して成立。2005年(平成17)福山市に編入。農業が中心で、早くから二毛作が行われた。冬にはイグサ栽培が行われ備後(びんご)表の発祥地である。現在はブドウ栽培が盛んで、ワインが特産品となっている。造船業も行われる。福山市のJR松永駅からバスで約40分の距離にあり、福山市中心市街地への通勤者も多い。沖合いの田島(福山市)とは内海(うつみ)大橋でつながる。南東部にある阿伏兎(あぶと)観音の朱塗の観音堂(磐台(ばんだい)寺観音堂)は国指定重要文化財。[北川建次]
『『沼隈町誌』全2巻(2002、2004・沼隈町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沼隈の関連情報