コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

備後灘 びんごなだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

備後灘
びんごなだ

瀬戸内海のほぼ中部にある海域。東は塩飽諸島,西は芸予諸島に囲まれ,南は魚島伊吹島などを境として燧灘に続く。水深約 20m,北部西部は島が多く潮流が速い。タイ,サワラタコ,イカなどの漁業が行われる。北東沿岸工業化により海水汚染が問題となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

びんごなだ【備後灘】

広島県東部,かつての備後国の南方にあたる海域。南に続く燧(ひうち)灘とともに瀬戸内海中央部の広い海域をなす。備後灘と燧灘との境界について定説はないが,東の香川県三崎沖と西は愛媛県今治市近見山を結ぶ線がほぼこれに相当する。海面が広いので潮流の速度は毎秒20cm程度にすぎず,海底は比較的平たんで,水深は20m内外である。東方の備讃(びさん)瀬戸や西縁の来島(くるしま)海峡に近づくと潮流も速くなり,海底を浸食して水深100m以上の海釜(かいふ)をつくる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔広島県〕備後灘(びんごなだ)


瀬戸内海の中央部、広島県南東部沖の海域。東は備讃瀬戸(びさんせと)、西は三原(みはら)瀬戸で区画され、南に燧灘(ひうちなだ)がある。水深10~20mの浅海。瀬戸内海東端の紀伊(きい)水道と西南端の豊後(ぶんご)水道からの海潮が出合い東西に分かれる海域で、潮汐(ちょうせき)作用は複雑。タイ・タコなどの漁場で、定置網漁やノリの養殖が盛ん。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

備後灘
びんごなだ

瀬戸内海の中央部を占める海域で、岡山、広島両県にまたがる。東部は笠岡(かさおか)諸島の白石(しらいし)島、北木島や塩飽(しわく)諸島の六島などに、西部は芸予諸島の弓削(ゆげ)島、因島(いんのしま)などに限られ、南は燧(ひうち)灘に続く。水深は20メートル内外であるが、北部、東部、西部では深くえぐられた所もある。タイ、サワラ、タコ、イカ、エビなどの沿岸漁業や養殖漁業が行われている。沿岸には福山市などの瀬戸内工業地域の拠点都市があり、主要交通ルートとして船舶の往来は激しい。一方、西方の芸予諸島には本州四国連絡橋の尾道(おのみち)―今治(いまばり)ルート(西瀬戸自動車道=瀬戸内しまなみ海道)が架かる。[北川建次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

備後灘の関連キーワード芸予諸島・藝予諸島福富[町]広島(県)弓削島荘阿伏兎岬梶子島浅海潮汐豊後三原紀伊走島海潮岩城水道

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android