コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿史那社爾 あしなしゃじA-shi-na She-er; Ashih-na Shê-êrh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿史那社爾
あしなしゃじ
A-shi-na She-er; Ashih-na Shê-êrh

[生]?
[没]655
突厥の王族,のちに唐の将軍。東突厥の処羅可汗 (しょらかがん) の次子で,初め拓設 (たくせつ) と称して欲谷設 (よっこくせつ) とともに北方の鉄勒諸部族を分割統治した。 626~627年に鉄勒諸部族の反乱にあって敗れ,西方へ逃れて西突厥の一部を支配。 635年唐に服属して,大将軍に任じられ,高昌 (640) ,亀茲 (647) を討伐して功績を立てた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

阿史那社爾の関連キーワード飛鳥皇極天皇オスウィペンダマルチヌス1世労働審判佐賀県主催公開討論会でのやらせプルサーマル討論会のやらせ問題斉明天皇移動図書館

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android