コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿史那社爾 あしなしゃじA-shi-na She-er; Ashih-na Shê-êrh

1件 の用語解説(阿史那社爾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿史那社爾
あしなしゃじ
A-shi-na She-er; Ashih-na Shê-êrh

[生]?
[没]655
突厥の王族,のちに唐の将軍。東突厥の処羅可汗 (しょらかがん) の次子で,初め拓設 (たくせつ) と称して欲谷設 (よっこくせつ) とともに北方の鉄勒諸部族を分割統治した。 626~627年に鉄勒諸部族の反乱にあって敗れ,西方へ逃れて西突厥の一部を支配。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

阿史那社爾の関連キーワード皇極天皇ペンダ労働審判佐賀県主催公開討論会でのやらせプルサーマル討論会のやらせ問題斉明天皇移動図書館白雉高宗(唐)則天武后

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone