コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿号 あごう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿号
あごう

阿弥陀仏号のこと,名前の前またはうしろに阿弥陀仏の略として「阿」をつける。東大寺の重源 (1121~1206) が南無阿弥陀仏とみずから名のったことに始るという。以後,弁阿弥陀,空阿弥陀などと使われ,それがさらに省略されて弁阿,空阿などと称されるようになった。浄土宗や時宗でよく使われ,また,観阿弥世阿弥のように芸能関係者も用いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の阿号の言及

【阿弥号】より

…阿弥陀仏を信仰する人々が用いた法名の一種。つぶさには阿弥陀仏号(または阿弥陀仏名),略して阿弥号,阿号という。空阿弥陀仏,観阿弥,向阿などと称し,浄土宗や時宗では法号の上に用いている。…

※「阿号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

阿号の関連キーワード阿弥陀仏大原問答加藤行虎福田行誡香川景新阿弥陀号阿弥号あみだ珂然学信性均大玄証賢蓮阿弁長真教玄貞月海

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android