コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿字本不生 あじほんぷしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿字本不生
あじほんぷしょう

密教では,宇宙のあらゆるものは「阿」という字音のなかに含められるとし,すべてのものが本来存在するもので,原理そのものが現れているのだとする。それらは宗教的には大日如来自身の内面的な悟りと同一であるとする思想

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あじ‐ほんぷしょう〔‐ホンプシヤウ〕【×阿字本不生】

仏語。密教の根本思想の一。一切諸法本源が不生不滅である、すなわち空(くう)であることを、阿字が象徴しているという考え。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あじほんぷしょう【阿字本不生】

〘仏〙 密教の根本教義の一。阿字は宇宙の根源であり、本来不生不滅すなわち永遠に存在するということ。この真理を体得する時、人は大日如来と一体化すると説く。 → 阿字

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

阿字本不生の関連キーワード阿字観仏語