阿字(読み)アジ

  • ×阿字

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仏語。
① 梵語の母音一二種の最初におかれる音 a にあてられる文字。事物の始まり、根本を意味するとされる。特に密教では、宇宙万物は元来不生にして不滅であるという真理、すなわち空(くう)を象徴するものと考え、阿字(の形、音、意味)を観ずることにより、真理を体得できるとして極めて重視する。あ。
※即身成仏義(823‐824頃)「阿字第一命」
② 胎蔵界曼荼羅の大日如来理法身や、菩提心などを表象する種子(しゅじ)として用いられる梵字。
※秘蔵記(835頃か)「阿字者周遍法界理之種子」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

阿字の関連情報