阿部六郎(読み)あべ ろくろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「阿部六郎」の解説

阿部六郎 あべ-ろくろう

1904-1957 昭和時代のドイツ文学者,文芸評論家。
明治37年4月12日生まれ。阿部次郎の弟。「白痴群」の同人となり,小説「放たれたバラバ」を発表。昭和9年河上徹太郎シェストフの「悲劇の哲学」を共訳,シェストフブームをつくる。戦後,東京芸大教授。昭和32年1月7日死去。52歳。山形県出身。京都帝大卒。評論集に「深淵の諸相」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる