諸相(読み)ショソウ

  • しょそう ‥サウ
  • しょそう〔サウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 物事のいろいろのすがた、ありさま。種々相。
※正法眼蔵(1231‐53)見仏「諸相を見取し、非相を見取する、即見如来なり、如来あり非如来あり」
※桐の花(1913)〈北原白秋〉昼の思「限りもない色と香の諸相をひき包んで」 〔金剛経〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

諸相の関連情報