降誕祭(読み)こうたんさい

精選版 日本国語大辞典「降誕祭」の解説

こうたん‐さい カウタン‥【降誕祭】

〘名〙
聖人、偉人などの誕生日を祝う祭典。
② キリストの降誕を祝う日。クリスマス。《季・冬》
※牧羊神(1920)〈上田敏〉冬が来る「万聖節、降誕祭(カウタンサイ)、やがて新年」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「降誕祭」の解説

こうたん‐さい〔カウタン‐〕【降誕祭】

聖人や偉人などの誕生日を祝う祭典。
キリストの誕生を祝う祭典。クリスマス。 冬》雪道や―の窓明り/久女

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「降誕祭」の解説

こうたんさい【降誕祭 Christmas】

ナザレのイエスの誕生日として4世紀以後祝われるようになったキリスト教の祭日。日本でもクリスマスと呼ばれて親しまれている。クリスマス【土屋 吉正】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android