降誕祭(読み)コウタンサイ

世界大百科事典 第2版の解説

こうたんさい【降誕祭 Christmas】

ナザレのイエスの誕生日として4世紀以後祝われるようになったキリスト教の祭日。日本でもクリスマスと呼ばれて親しまれている。クリスマス【土屋 吉正】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうたん‐さい カウタン‥【降誕祭】

〘名〙
① 聖人、偉人などの誕生日を祝う祭典。
② キリストの降誕を祝う日。クリスマス。《季・冬》
※牧羊神(1920)〈上田敏〉冬が来る「万聖節、降誕祭(カウタンサイ)、やがて新年」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報