コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

降誕祭 コウタンサイ

世界大百科事典 第2版の解説

こうたんさい【降誕祭 Christmas】

ナザレのイエスの誕生日として4世紀以後祝われるようになったキリスト教の祭日。日本でもクリスマスと呼ばれて親しまれている。クリスマス【土屋 吉正】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうたんさい【降誕祭】

聖人などの生まれた日を祝う祭り。
〔「キリスト降誕祭」の略〕 クリスマス。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

降誕祭の関連キーワードビヨン(François Villon)ローテンブルクのマルクト広場聖家族(キリスト教)マイスタートゥルンククリスマス・カードロマノス・メロドスカルル1世(大帝)キリスト降誕祭キリスト教会暦キリシタン文化ギリシア正教会スペイン演劇カーニバル東方正教会ドイツ演劇クローデル宮内 寒弥中世演劇固定祝日ナザレ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

降誕祭の関連情報