コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

院慶 いんけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

院慶 いんけい

?-1179 平安時代後期の仏師。
院覚の子といわれる。仁安(にんあん)2年(1167)西林寺新堂の丈六阿弥陀如来像,安元3年白檀(びゃくだん)釈迦三尊像,翌年院尚らと中宮徳子(建礼門院)の安産祈願の不動明王像を制作した。法眼治承(じしょう)3年4月死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

院慶の関連キーワード広橋頼資藤原頼資院派院覚仏師

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android