コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陣馬高原 じんばこうげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陣馬高原
じんばこうげん

東京都西部,八王子市西端にある高原。標高 857mの陣馬山の東に広がり,中世北条氏と武田氏の戦場となったのが地名の由来。高尾陣場都立自然公園の一部で,ハイキング適地

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陣馬高原
じんばこうげん

神奈川県北部、相模原(さがみはら)市と東京都八王子市との境界をなす陣馬山(陣場山)一帯の高原。最高峰陣馬山は標高857メートル。山名の起源には諸説があり、日本武尊(やまとたけるのみこと)東征のおり、山また山のため人馬ともに困難を極め、ようやく越えることができた山ということにおこるとする説、また武蔵(むさし)、甲斐(かい)両国を連絡する間道筋に近く、平時は馬継(うまつぎ)が行われていたが、甲武間の緊張時には陣馬の置き場にされたことによる、あるいは戦時に陣を張った「陣張山」からおこったとする説などである。頂上にこの山のシンボルとして天空に向かっていななくコンクリート製の白馬が立っている。
 高尾(たかお)山から小仏(こぼとけ)峠、景信(かげのぶ)山の尾根伝いに北西へ延びる奥高尾ハイキングコースの中心をなし、頂上からの展望が広く、秋の月見には絶好の山とされている。JR中央本線八王子駅から陣馬高原下行きバスで終点下車、和田峠から登るか、中央本線藤野駅下車、栃谷(とちや)尾根を登る。[浅香幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の陣馬高原の言及

【陣馬山】より

高尾山から景信(かげのぶ)山,陣馬山へと続く稜線を通る裏高尾のハイキングコースにあたり,山頂からは富士山,相模湾などの展望にすぐれる。東麓は陣馬高原と呼ばれ,キャンプ場となっている。山麓の八王子市上恩方(かみおんがた)は中村雨紅の《夕焼け小焼け》が生まれた地といい,その歌碑がある。…

※「陣馬高原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

陣馬高原の関連キーワード和田峠(東京都と神奈川県の境)相模湖(湖)相模原(市)藤野