コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

除権決定 じょけんけってい

大辞林 第三版の解説

じょけんけってい【除権決定】

有価証券を喪失した者を救済するために、申立人の利益になるように権利関係を消滅または変更する決定。除権判決。 → 公示催告

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

除権決定
じょけんけってい

公示催告事件(非訟事件手続法99条~118条)において、裁判所が権利失権または有価証券無効を宣言するための裁判をいう。裁判所は、公示催告の申立てが適法であり、かつ、理由があると認めるときは、公示催告手続開始の決定をするとともに、公示催告決定をし(同法101条)、権利届出の期間の終期までに適法な権利の届出または権利を争う旨の申述がないときは、公示催告の申立てに係る権利について失権の効力を生ずる旨の決定(除権決定)をする(同法106条1項)。以上のほか、有価証券が盗取、紛失、滅失したときにその有価証券を無効とする除権決定の制度が設けられている(同法114条)。なお、非訟事件手続法により公示催告にかかる手続が規定されるようになるまでは、除権判決によっていた。[加藤哲夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

除権決定の関連キーワード民事訴訟上訴

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android