塵労(読み)ジンロウ

精選版 日本国語大辞典の解説

じん‐ろう ヂンラウ【塵労】

〘名〙
俗世間のわずらわしいかかわりあい。世俗的な苦労。
※本朝麗藻(1010か)下・禅林寺眺望〈源道済〉「塵労欲波水、毀誉不来耳界風」
※米沢本沙石集(1283)六「世間の塵労(チンラウ)の事を先はうすくすべし」 〔蘇軾‐観台詩〕
仏語煩悩の異名。
往生要集(984‐985)大文二「若有聞者、塵労垢習、自然不起」 〔釈法照‐送清江上人詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android