陰陽説(読み)いんようせつ

精選版 日本国語大辞典の解説

いんよう‐せつ インヤウ‥【陰陽説】

〘名〙 陰陽が互いに消長し調和することによって自然界の秩序が保たれているように、政治道徳、日常生活など人間のあらゆる営みは全て陰陽の変化に順応することによってうまくゆくとする考え。世の乱れは帝王の政治が陰陽の理に背くことから生じ、病気は体内の陰陽の気が平衡を失うことから起こるとする。道徳の根元を天におき、天と人の一体を説く中国思想で、長くその形而上的根拠となり、また、五行説とも結びついて流行した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android