コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陰隲文 いんしつぶん Yin-zhi-wen

2件 の用語解説(陰隲文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陰隲文
いんしつぶん
Yin-zhi-wen

中国,明末の道教経典。文昌帝君の所説という。陰隲とは天が人の行為をみて善悪を定め,禍福を下すということ。したがって陰徳をこそ積むべきであるとして,種々の道徳的行為を列挙して,庶民の日常生活の禁戒を述べている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陰隲文
いんしつぶん

中国の民衆道徳を説いた書。正しくは『文昌帝君(ぶんしょうていくん)陰隲文』といい、文昌帝君(文帝)が啓示した言を筆録した勧善書(善書(ぜんしょ))の一種である。文昌帝君は学問神として信仰されていたが、宋(そう)代以後しだいに人間の禍福をつかさどる神として庶民の間に浸透していった。こうした信仰の背景のもとに、陰隲文は、陰の功徳(くどく)を勧める民衆宗教の教典として16世紀末ごろまでに成立し、広く流布したといわれる。[山田利明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陰隲文の関連キーワード黄庭経魁星所説宿曜道セブ島の道教寺院三清文昌神無上秘要陸修静文昌帝君

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone