コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸前浜街道 りくぜんはまかいどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陸前浜街道
りくぜんはまかいどう

江戸から陸前 (宮城県) の岩沼までの街道。現在の国道6号線 (東京-仙台市) とほぼ一致。全長約 330km。東京から松戸,取手土浦水戸を経て勿来関を通り,太平洋岸を縦走して阿武隈川を渡って岩沼に達し,陸羽街道 (国道4号線) に連絡。奈良時代には陸奥鎮守府と国府がおかれていた多賀城への通路にあたり,古くから重要な街道として知られた。江戸から水戸までは水戸街道ともいわれ,参勤交代の通路ともなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

陸前浜街道の関連キーワード鹿島(福島県)我孫子[市]南相馬(市)茨城県日立市平(福島県)亘理[町]広野[町]浪江[町]小高[町]富岡[町]楢葉[町]原町[市]牛久[市]双葉[町]高萩[市]大熊[町]土浦[市]松戸[市]取手[市]御斎所街道

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android