岩沼(読み)イワヌマ

大辞林 第三版の解説

いわぬま【岩沼】

宮城県中南部の市。近世、城下町。奥州街道の宿場町。近年、都市化が進み、市域の北東部には仙台空港がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いわぬま いはぬま【岩沼】

宮城県南部の地名。阿武隈川下流左岸にあり、かつて陸奥国府が置かれたともいわれ、江戸時代には奥州街道の宿場町として栄えた。日本三稲荷の一つの竹駒神社がある。昭和四六年(一九七一)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩沼の関連情報