コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸心源 りくしんげん Lu Xin-yuan; Lu Hsin-yüan

3件 の用語解説(陸心源の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陸心源
りくしんげん
Lu Xin-yuan; Lu Hsin-yüan

[生]道光14(1834)
[没]光緒20(1894)
中国,清末の蔵書家。浙江省呉興県の人。字は剛父。号は存斎潜園老人。咸豊9 (1859) 年の挙人。地方官を歴任ののち郷里に隠退し,古今の図書を収集校補した。その蔵書数は善本のみで 15万巻に上るが,のち日本の岩崎家に購入され,現在,東京世田谷静嘉堂文庫に収められている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りくしんげん【陸心源 Lù Xīn yuán】

1834‐94
中国,清の蔵書家。字は剛甫,存斎と号した。晩年の号は潜園老人。浙江省呉興の人。咸豊9年(1859)の挙人。官は光緒中,福建塩運使になった。書庫を3ヵ所にもち,一つは〈皕(ひよく)宋楼〉で宋・元の版本および名ある人の手写本を収めた。皕宋は宋本を200部も蔵するという意味で,のち日本の静嘉堂に買い取られた。一つは守先閣で明・清のすぐれた刻本を,一つは〈十万巻楼〉で普通の本を収めている。《潜園総集》には《皕宋楼蔵書志》120巻,《儀顧堂題跋》16巻等を収める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陸心源
りくしんげん
(1834―1894)

中国、清(しん)末の学者。字(あざな)は剛父(ごうほ)、号は存斎、潜園老人。帰安(浙江(せっこう)省呉興(ごこう)県)の人。1859年(咸豊9)の挙人、太平天国掃討に戦功あり、官は福建塩運使に至る。宋(そう)刊本100余種、元(げん)刊本400余種を(ひょくそう)楼に蔵し、清末四大蔵書家の一人。その蔵書は1907年(明治40)岩崎家に購入され、いま静嘉堂(せいかどう)文庫にある。顧炎武(こえんぶ)に私淑して名づけたその文集『儀顧堂集』をはじめ、『宋史翼』など史学、金石、書誌にわたるその著を集めた『潜園総集』、またその刊刻になる『十万巻楼叢書(そうしょ)』がある。[近藤光男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の陸心源の言及

【静嘉堂文庫】より

…中村正直(敬宇)の漢籍など1562部1万3181冊,色川三中(みなか)(1802‐55)の国文学関係の和書1374部4939冊,竹添進一郎(光鴻)の漢籍515部7204冊,松井簡治の〈松井文庫〉(国語国文学関係の和書5902部1万7016冊),諸橋轍次の〈百国春秋楼書(ろうしよ)〉(春秋学関係書に特色のある漢籍174部1200冊)などがある。特筆すべきは1907年に巨費を投じて購入した,清末の四大蔵書家の一人陸心源(りくしんげん)の収蔵書である。すなわち宋元版を収めた〈皕宋楼(ひよくそうろう)〉,明・清の珍本を収めた〈十万巻楼(じゆうまんがんろう)〉などの漢籍4146部4万3893冊であり,世界的に著名である。…

※「陸心源」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

陸心源の関連キーワード岡本保考畑中銅脈盧象昇黄丕烈葉徳輝千宗左死の蔵書沈銓読書敏求記繆荃孫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone