コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸羽 りくう Lu Yu

2件 の用語解説(陸羽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陸羽
りくう
Lu Yu

[生]開元16(728)頃
[没]貞元1(785)/貞元20(804)
中国,唐の茶の研究者,隠逸の文人。別名は疾,字は鴻漸 (こうぜん) ,季疵 (きし) 。号は桑苧翁,東崗子。復州竟陵 (湖北省鍾祥県) の人。生れは不明で捨て子ともいわれる。竟陵の智積禅師のもとで育てられたのち,ちょう渓 (ちょうけい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

りくう【陸羽】

?~804) 中国、唐の文人。別名、疾。号、桑苧翁そうちよおう。茶を好み「茶経」を著す。茶祖・茶神として仰がれる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の陸羽の言及

【チャ(茶)】より

…とくに南朝では,巴東や武昌などの湖北各地,廬江(ろこう)(安徽),晋陵(江蘇常州)といった銘茶の産地も知られ,唐に至ると,南北中国全体にわたり,少なくとも都市では一般庶民に及ぶ普通の飲料となった。唐の中期には,国都長安では茶館が店をはり,陸羽や常伯熊(じようはくゆう)の《茶経》などの書物もあらわれ,それが飲茶の普及を助長もした。ちなみに,茶の商人や茶館では陸羽の陶人形を置き,商売の守神とした。…

【茶経】より

…3巻。唐の陸羽(字は鴻漸,733‐804)の著書で760年ごろの作。経書(けいしよ)の経を書名に冠するように著者の自信作で,茶の起源,製茶法とその道具(巻上),茶器(巻中),茶のたて方と飲み方,茶の歴史,産地など(巻下)を詳細かつ整然と述べる。…

※「陸羽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

陸羽の関連キーワード開元頃・比没・歿勃・歿・没千葉県君津市貞元Diaz de la Peña,N.開元雅楽開元観開元・天宝時代

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

陸羽の関連情報