コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

可愛岳 えのだけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

可愛岳
えのだけ

宮崎県北東部,九州山地の東縁にある山。標高 728m。延岡市の中部に位置し,浸食により険しい山容を示す。西南戦争の際,西郷隆盛の率いる薩摩軍が山麓の谷で官軍に包囲され,夜中に可愛岳の天険を越え,米良荘,小林を経て鹿児島に逃れたことで有名。山頂に激戦の記念碑が建つ。建国にまつわる伝説の地で,山麓にニニギノミコト (瓊瓊杵尊) を祭神とする可愛神社,山頂に鉾岩 (ほこいわ) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

え‐の‐だけ【可愛岳】

宮崎県北東部の山。標高728メートル。西南戦争のときに西郷軍がこの山を越えて鹿児島へ脱出

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

えのだけ【可愛岳】

宮崎県北部の延岡市と北川町との境界にある山。標高728m。大分県境にある大崩(おおくえ)山地の南側を半円形にとりまく行縢(むかばき)山地の東端に位置する。山体は花コウ斑岩からなり,険しい崖が多く,山頂には鉾岩(ほこいわ)と呼ばれる巨岩がある。1877年西南戦争の際,西郷軍は俵野(ひようの)で官軍に包囲されたが,可愛岳を越えて脱出した。【下村 数馬

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

可愛岳
えのだけ

宮崎県北部、延岡市にある山。標高728メートル。花崗斑岩(かこうはんがん)の険しい山容で、祝子(ほうり)川の谷を隔てて、西の行縢(むかばき)山と一連の山列をなす。この岩脈は、西部にある大崩(おおくえ)山花崗岩の貫入に伴って形成され、可愛岳はその東端に位置する。山頂には鉾岩(ほこいわ)があり、これを弥生(やよい)時代のメンヒルとする説がある。東麓(とうろく)の俵野(ひょうの)には円墳があり、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)御陵伝説地として、1895年(明治28)から宮内庁の管理下にある。また、西南戦争の激戦地の一つとしても知られ、敗れた薩摩(さつま)軍は険しい可愛岳越えをして、高千穂から鹿児島に逃れた。俵野に西郷隆盛(たかもり)宿陣跡資料館があり、遺品などが展示されている。[横山淳一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の可愛岳の言及

【北川[町]】より

…西部には祝子(ほうり)川渓谷や大崩(おおくえ)山があって,祖母傾(そぼかたむき)国定公園に指定されている。南端には可愛(えの)岳がそびえ,付近に西南戦争の西郷宿陣跡がある。【萩原 毅】。…

※「可愛岳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

可愛岳の関連キーワード赤松峠(大分県佐伯市)北川(旧町名)辺見十郎太別府晋介

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android