コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陽高漢墓 ようこうかんぼ

百科事典マイペディアの解説

陽高漢墓【ようこうかんぼ】

中国,山西省北端の陽高県城南東40kmの古城堡にある漢代の古墳群。総数約90基で,35m,高さ5〜6mから,径5m,高さ2〜3mまで大小さまざまの墳丘をもち,もとは方墳であったと考えられる。1942年以降数基の木槨(もっかく)墓が発掘され,夾紵(きょうちょ)棺,刺繍(ししゅう)を施した絹布漆器銅器,前漢鏡などが出土

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ようこうかんぼ【陽高漢墓 Yáng gāo hàn mǔ】

中国,山西省陽高県城南東約40kmの古城堡にある漢代の古墓群。総数約90基。1942年,大同石仏保存協賛会によって調査された3基は,高さ3~5.5m,直径19~36mの墳丘をもち,元来は方墳であったと思われる。各墓とも夫婦合葬で,一次埋葬後に再掘し,二次埋葬を行い,封土を築きなおす。墓坑は地下深く営まれ,12号墓と17号墓は竪穴木槨墓,15号墓は長い階段状の墓道をもった洞室木槨墓で,ともに角材を使用している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android