コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隆円(4) りゅうえん

1件 の用語解説(隆円(4)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

隆円(4) りゅうえん

?-? 鎌倉時代の仏師。
寛元元年(1243)後嵯峨(ごさが)天皇の中宮姞子(きつし)(大宮院)の安産祈願七仏薬師像を制作。また蓮華(れんげ)王院(三十三間堂)再建に際し,千体仏再興仏師のひとりとして22体の木造千手観音像をつくった。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

隆円(4)の関連キーワード寛元ハイアール(海爾集団)寛元キプチャクハン国白神山地日朗仁治一翁院豪市河見西の妻いや女

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone