コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インノケンチウス4世 インノケンチウスよんせいInnocentius IV

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インノケンチウス4世
インノケンチウスよんせい
Innocentius IV

[生]12世紀. ジェノバ
[没]1254.12.7. ナポリ
ジェノバ出身の第180代教皇(在位 1243~54)。本名 Sinibaldo Fieschi。ボローニャで教会法を学び,教皇グレゴリウス9世により 1227年に司祭枢機卿(→カーディナル)に叙任される。ケレスチヌス4世の没後,1年半の空位ののち 1243年6月に教皇に選出された。インノケンチウス3世の方針を受け継ぎ,教会の自由と教皇権伸長のため神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世と激しく闘った。皇帝の勢力にローマを追われリヨンに逃れたが,1245年に開いたリヨン公会議フリードリヒ2世の破門と廃位を決議。1250年に皇帝が死去したのをうけ,1253年ローマに帰還した。その後もホーエンシュタウフェン朝に対する闘いを続け一時勢力を得たが,1254年にフリードリヒ2世の庶子マンフレートの反乱に敗れ,まもなく死去した。ヨーロッパの外にも目を向け,モンゴル帝国へジョバンニ・デ・ピアノ・カルピニを公式使節として送るなど,各地に布教団を派遣したことでも知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

インノケンチウス4世の関連キーワードエッツェリーノ・ダ・ロマーノピエトロ・デラ・ビニャコンベントゥアル会アレクサンデル4世ランカスター(伯)中国のキリスト教ハドリアヌス5世ヨハネス3世リュブリュキアスラン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android