コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隈川宗雄 くまがわ むねお

2件 の用語解説(隈川宗雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

隈川宗雄 くまがわ-むねお

1858-1918 明治-大正時代の医学者。
安政5年10月13日生まれ。原有隣の次男。隈川宗悦の養子。ドイツに留学し,ベルリン大にまなぶ。明治24年帝国大学医科大学教授となり,医化学講座を担当。大正6年東京帝大医科大学学長。学士院会員。大正7年4月6日死去。61歳。陸奥(むつ)福島出身。東京大学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

隈川宗雄

没年:大正7.4.6(1918)
生年:安政5.10.13(1858.11.18)
明治大正期の医学者。旧姓は原で,実父は福島藩医原有隣。明治2(1869)年に東京の著名な医師である隈川宗悦の養嗣子となる。16年東大医学部卒業。17年から23年までベルリン大に留学し,内科学を専攻。また,ウィルヒョウ研究所に入り医化学を研究した。23年帰国,同年駒込病院医長および脚気病審査委員に任じられる。24年,帝大医科大教授となり,医化学(現在では生化学生理学)講座を担当。同年,医学博士の学位を受ける。大正6(1917)年9月,東京帝大医科大学長に就任したが,翌年死去。

(高安伸子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

隈川宗雄の関連キーワード有馬頼吉伊東徹太大原八郎緒方六治荻生録造高橋伝吾田代正谷口長雄筒井秀二郎三宅秀

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone