コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

随如 ずいにょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

随如 ずいにょ

1641-1721 江戸時代前期-中期の僧。
寛永18年2月10日生まれ。准秀(じゅんしゅう)の6男。真宗仏光寺派。左大臣二条光平の猶子となり,尭恕(ぎょうじょ)入道親王にしたがい得度。随庸(ずいよう)の跡をつぎ京都仏光寺門跡(もんぜき)。僧正。享保(きょうほう)6年7月17日死去。81歳。法名は尭庸(ぎょうよう)。諡(おくりな)は竜秀院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

随如の関連キーワード藤原定子(2)

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android