准秀(読み)じゅんしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

准秀 じゅんしゅう

1607-1660 江戸時代前期の僧。
慶長12年閏(うるう)4月5日生まれ。准尊の4男。浄土真宗。山城(京都府)興正寺19世。承応(じょうおう)元年西吟(さいぎん)と月感(げっかん)の宗学上の論争に際し,月感を支持し本願寺と対立。幕府により越後(えちご)(新潟県)今町に流されたが,万治(まんじ)元年ゆるされた。万治3年10月12日死去。54歳。京都出身。法名は昭超

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

准秀 (じゅんしゅう)

生年月日:1607年4月5日
江戸時代前期の浄土真宗の僧
1660年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android