コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

准秀 じゅんしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

准秀 じゅんしゅう

1607-1660 江戸時代前期の僧。
慶長12年閏(うるう)4月5日生まれ。准尊の4男。浄土真宗。山城(京都府)興正寺19世。承応(じょうおう)元年西吟(さいぎん)と月感(げっかん)の宗学上の論争に際し,月感を支持し本願寺と対立。幕府により越後(えちご)(新潟県)今町に流されたが,万治(まんじ)元年ゆるされた。万治3年10月12日死去。54歳。京都出身。法名は昭超

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

准秀 (じゅんしゅう)

生年月日:1607年4月5日
江戸時代前期の浄土真宗の僧
1660年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

准秀の関連キーワード生年月日随如

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

准秀の関連情報