隔日(読み)カクジツ

  • かくにち

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 日の変わりめを一回、または何回かへだてること。毎日、または、数日を隔てた日。かくにち。
※古今著聞集(1254)六「或は隔日にむかひ、或は二、三日をへだててゆく」
② (特に次の日を間にはさむ意で) 一日ずつへだてること。一日おき。かくにち。
※看聞御記‐永享四年(1432)四月三〇日「抑若宮違例隔日発。大略瘧病歟。今日は不発」
※政談(1727頃)一「御城の御番は隔日に成共、三日番に成とも可相勤

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

隔日の関連情報