隠岐茱軒(読み)おき しゅけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

隠岐茱軒 おき-しゅけん

1743-1788 江戸時代中期の儒者。
寛保(かんぽう)3年7月16日生まれ。大坂城番の与力片山北海にまなぶ。詩をよくし混沌社にくわわる。頼春水,尾藤二洲らと交遊した。死後,詩文集「茱萸軒集」が刊行された。天明8年9月9日死去。46歳。大坂出身。本姓は米津。名は秀明。字(あざな)は子遠,誠甫。通称は造酒,宇右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android