隠巌衍真尼(読み)いんがん えんしんに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

隠巌衍真尼 いんがん-えんしんに

1663-1732 江戸時代中期の尼僧。
寛文3年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)天孫神社神職の娘。常子内親王につかえ,28歳のとき出家。黄檗(おうばく)宗の鉄面寂錬の法をつぐ。享保(きょうほう)7年近衛基煕(もとひろ)の援助で一様院をひらき,家訓をさだめ厳格な戒律をまもって生涯をおえた。享保17年1月22日死去。70歳。俗姓は滋賀。別号貞松

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android