コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雁金準一 かりがね じゅんいち

1件 の用語解説(雁金準一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雁金準一 かりがね-じゅんいち

1879-1959 明治-昭和時代の囲碁棋士。
明治12年7月30日生まれ。本因坊秀栄に入門。秀栄没後,田村保寿(秀哉)と本因坊をあらそう。大正13年日本棋院に参加するが,脱退して棋正社を結成。15年の院社対抗戦で秀哉に敗れた。昭和16年瓊韻(けいいん)社を創設。昭和34年2月21日死去。79歳。日本棋院から名誉9段を追贈された。東京出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の雁金準一の言及

【本因坊秀哉】より

…初め方円社の塾生,後に本因坊秀栄(1852‐1907)の門下となる。秀栄没後,後継者をめぐって雁金(かりがね)準一(1879‐1959)と争わなければならなかったが,秀栄の実弟秀元の援助により,1908年,21世本因坊,14年終身制最後の名人となる。力戦型の碁風で,従来の布石重視の風潮に転機をもたらした。…

※「雁金準一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

雁金準一の関連キーワード喜多文子日下包夫鈴木為次郎田中政喜西野みよし林裕細川千仞前田陳爾増淵辰子安永一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone