コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雁金準一 かりがね じゅんいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雁金準一 かりがね-じゅんいち

1879-1959 明治-昭和時代の囲碁棋士。
明治12年7月30日生まれ。本因坊秀栄に入門。秀栄没後,田村保寿(秀哉)と本因坊をあらそう。大正13年日本棋院に参加するが,脱退して棋正社を結成。15年の院社対抗戦で秀哉に敗れた。昭和16年瓊韻(けいいん)社を創設。昭和34年2月21日死去。79歳。日本棋院から名誉9段を追贈された。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の雁金準一の言及

【本因坊秀哉】より

…初め方円社の塾生,後に本因坊秀栄(1852‐1907)の門下となる。秀栄没後,後継者をめぐって雁金(かりがね)準一(1879‐1959)と争わなければならなかったが,秀栄の実弟秀元の援助により,1908年,21世本因坊,14年終身制最後の名人となる。力戦型の碁風で,従来の布石重視の風潮に転機をもたらした。…

※「雁金準一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

雁金準一の関連キーワード本因坊 秀元本因坊 秀哉本因坊秀哉瀬越憲作昭和時代加藤信瓊韻社明治