コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本因坊秀栄 ほんいんぼうしゅうえい

3件 の用語解説(本因坊秀栄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本因坊秀栄
ほんいんぼうしゅうえい

[生]嘉永5(1852).江戸
[没]1907.2.10.
囲碁名人。 14世本因坊秀和の次子。文久2 (1862) 年,12世林門入 (柏栄) の養子となる。慶応1 (65) 年家督相続,林家 13世となるに際し幼名平次郎を秀栄と改めた。 1879年,方円社創立に参加したが,半年後退社,村瀬秀甫らに破門措置をとった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本因坊秀栄 ほんいんぼう-しゅうえい

1852-1907 明治時代の囲碁棋士。
嘉永(かえい)5年生まれ。14世本因坊秀和の次男。12世林門入の養子となり,13世林秀栄を名のる。明治17年復籍して17世本因坊をつぐ。19年対立していた方円社との和解が成立,村瀬秀甫(しゅうほ)に18世本因坊をゆずり,秀甫の没後,ふたたび本因坊(19世)となった。39年名人。明治40年2月10日死去。56歳。江戸出身。姓は土屋。通称は平次郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

本因坊秀栄

没年:明治40.2.10(1907)
生年:嘉永5.9.20(1852.11.1)
明治期の囲碁棋士。13代林秀栄。17世,および19世本因坊,名人。14世本因坊秀和の次男。江戸・本郷湯島生まれ。幼名平次郎。文久2(1862)年12代林門入(柏栄)の養子となる。元治1(1864)年門入死去のため,秀栄と改名,慶応3(1867)年13代林秀栄に。慶応4年,明治維新の年に四段昇段。明治6(1873)年秀和が死去。時代の波に洗われて,本因坊家継承など囲碁界にも様々な曲折があった。17年,林家を離籍して本因坊家に戻り,弟秀元を継いで17世本因坊。19年確執のあった秀甫と和解,18世本因坊を譲り,七段を受けた。秀甫の急死後再び本因坊を継いで19世。大器晩成型の棋士で,棋理に明るく軽妙。七段以後は同時代の棋士から抜きん出ていた。38年,日本囲棋会を創設。39年,名人。<参考文献>高川格『秀栄』(日本囲碁大系)

(谷口牧夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の本因坊秀栄の言及

【本因坊】より

…江戸時代,幕府の扶持(ふち)を受けた囲碁家元4家の筆頭。京都寂光(じやつこう)寺の塔頭(たつちゆう)〈本因坊〉の僧算砂(本因坊算砂)を祖とする。4世道策(本因坊道策)は布石理論をひっさげて近代碁の基礎を築き,無敵の5世道知とともに本因坊家の優位を不動のものとした。9世察元は時の6世井上春碩(しゆんせき)因碩(1707‐72)と名人位を争い,紛争をきわめた争碁に勝ち念願の名人となり,本因坊家中興の祖といわれる。…

※「本因坊秀栄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

本因坊秀栄の関連キーワード本因坊秀甫雁金準一喜多文子田中政喜林佐野林秀栄林門悦林門入(2世)林有美本因坊秀元

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本因坊秀栄の関連情報