コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雄町 オマチ

デジタル大辞泉の解説

お‐まち〔を‐〕【雄町】

水稲の一品種。晩生種で、西日本で多く栽培。酒造米として最優良といわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

雄町(おまち)

酒造好適米の品種のひとつ。1859年に岡山県上道郡高島村大字雄町(現在の岡山市中区)の岸本甚造が伯耆国大山に参拝の帰路で発見した穂から選抜改良された。1921年に岡山農業試験場で純系分離されたものが、現在栽培されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

おまち【雄町】

水稲の品種の一。大粒品種で、酒造用米の優良種。西日本で栽培される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雄町の関連キーワード美の川 越の雄町プレミアム月桂冠備前焼大甕熟成雄町米ラガーゆきの美人赤坂[町]きびの吟風出雲だより酒造好適米こいおまちきたしずく東洋美人雄町せり久慈の山改良雄町おかやま山形正宗富志美盛浜福鶴十八盛

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雄町の関連情報