コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雅俗折衷文 がぞくせっちゅうぶん

大辞林 第三版の解説

がぞくせっちゅうぶん【雅俗折衷文】

地の文は文語文(雅文)で書き、会話は口語文(俗文)で書く文体。江戸時代に始まり、明治期の前半に発達した。幸田露伴の「五重塔」、樋口一葉の「にごりえ」「たけくらべ」などがその例。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雅俗折衷文の関連キーワードたけくらべ雅俗折衷体にごりえ井原西鶴樋口一葉幸田露伴江戸時代尾崎紅葉地の文五重塔文語文口語文雅文文体

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android