雅文(読み)ガブン

大辞林 第三版の解説

がぶん【雅文】

優雅な文。みやびな文。
江戸時代の国学者が平安時代の仮名文をさした語。また、国学者がそれをまねて作った擬古文。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

が‐ぶん【雅文】

〘名〙 優雅な文章。特に、平安時代の仮名文。また、それをまねて書いた文。擬古文。
玉あられ(1792)「近世人の文に、ことさらに漢文のふりを好みて、多くかきまじふるは、殊にうるさきわざ也。そはもと雅文をえさるからのしわざにて、つたなさをまぎらかさんとてぞ」 〔漢書‐王嘉伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の雅文の言及

【擬古文】より

…雅文,和文ともいう。明治時代から擬古文とよぶようになった。…

※「雅文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雅文の関連情報