文語体(読み)ぶんごたい

百科事典マイペディア「文語体」の解説

文語体【ぶんごたい】

広義には,各時代において当代の口語の体系によらず,おもに前代の言語に基づく文章語の体系によって書かれる文章の様式をさすが,狭義には,主として平安中期の言語の体系に基づいて書かれる文章の様式をいう。用語・文体,表記法により,和文・漢文訓読文・和漢混淆(こんこう)文変体漢文・候(そうろう)文・普通文などに分類。文語体は第2次世界大戦までは公用文,書簡文などに広く用いられたが,戦後はごくまれになった。→口語体
→関連項目文語

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「文語体」の解説

文語体
ぶんごたい

一般に,より古い時代の言語体系に基づく文章語の文体をさす。現代の日本語の文語体といえば口語体に対して,候文普通文擬古文和漢混交文などの文体をいう。文語体で書かれた文章を文語文という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「文語体」の解説

ぶんご‐たい【文語体】

〘名〙 文語②で書かれる文章の形式。活用や助詞・助動詞の用法に口語体と異なった特色がある。普通文を主とし、書簡文(候文)の形式を除くことがある。〔日本文体文字新論(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「文語体」の解説

ぶんごたい【文語体】

日本語の書きことばの一種口語体に対立する概念。口語体が一般に広まったのは明治以後であるのに対し,文語体は上代から現代に至るまで長い期間にわたって用いられている。江戸時代以前は書きことばといえばもっぱらこの文語体をさしていた。文語文の根幹をなすものは,平安時代の日本語の文法語彙ごい)であり,ときに奈良時代のものをも交える。また,中世以降は後世の文法や語彙が混用されることもある。文語体と口語体とは,語彙,慣用語句の面でも相違があるが,もっとも大きな違いはその文法にある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android