コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文語体 ぶんごたい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文語体
ぶんごたい

一般に,より古い時代の言語体系に基づく文章語文体をさす。現代の日本語の文語体といえば口語体に対して,候文普通文擬古文和漢混交文などの文体をいう。文語体で書かれた文章を文語文という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶんご‐たい【文語体】

文語2」を用いて書かれた文章形式。⇔口語体

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

文語体【ぶんごたい】

広義には,各時代において当代の口語の体系によらず,おもに前代の言語に基づく文章語の体系によって書かれる文章の様式をさすが,狭義には,主として平安中期の言語の体系に基づいて書かれる文章の様式をいう。
→関連項目文語

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんごたい【文語体】

日本語の書きことばの一種。口語体に対立する概念。口語体が一般に広まったのは明治以後であるのに対し,文語体は上代から現代に至るまで長い期間にわたって用いられている。江戸時代以前は書きことばといえばもっぱらこの文語体をさしていた。文語文の根幹をなすものは,平安時代の日本語の文法語彙(ごい)であり,ときに奈良時代のものをも交える。また,中世以降は後世の文法や語彙が混用されることもある。文語体と口語体とは,語彙,慣用語句の面でも相違があるが,もっとも大きな違いはその文法にある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんごたい【文語体】

文語で綴られた文章の様式。候文体・擬古文体・普通文体・和漢混交文体・漢文体・宣命体など。 ↔ 口語体

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

文語体の関連キーワードアンナ・M. トレンハルト剪灯新話・剪燈新話戦艦大和ノ最期閲微草堂筆記プロコピオス伊曽保物語雅俗折衷体和漢混淆文遠野物語聊斎志異筆記小説こがね丸新会社法変体漢文剪灯新話十善法語蒲松齢好逑伝大新聞会社法

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文語体の関連情報