雑人(読み)ゾウニン

デジタル大辞泉の解説

ぞう‐にん〔ザフ‐〕【雑人】

身分の低い者。下賤の者。
「車の前に―立ち隔てて見えざりしかば」〈徒然・四一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞうにん【雑人】

身分の低い者。下賤の者。また、一般庶民。
中世、主家に隷属して、家事・農事など雑役に従事し、戦時には軍事にも使われた者。土地などと同じに財産として売買・質入れ・譲渡の対象となった。
特に鎌倉時代、侍身分の者に対して名主・百姓以下一般の庶民の称。
中世、具足をつけずに戦に参加する雑兵ぞうひよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android