雑人(読み)ゾウニン

デジタル大辞泉の解説

ぞう‐にん〔ザフ‐〕【雑人】

身分の低い者。下賤の者。
「車の前に―立ち隔てて見えざりしかば」〈徒然・四一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞうにん【雑人】

身分の低い者。下賤の者。また、一般庶民。
中世、主家に隷属して、家事・農事など雑役に従事し、戦時には軍事にも使われた者。土地などと同じに財産として売買・質入れ・譲渡の対象となった。
特に鎌倉時代、侍身分の者に対して名主・百姓以下一般の庶民の称。
中世、具足をつけずに戦に参加する雑兵ぞうひよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぞう‐にん ザフ‥【雑人】

〘名〙
① 社会的身分の低い者。下賤(げせん)の者。
※三代実録‐貞観一二年(870)二月二三日「大宰大弐藤原朝臣冬緒進起請四事〈略〉其二曰、比年之間公私雑人、或陸或海、来集深入遠尋、営求善馬
※徒然草(1331頃)四一「賀茂の競べ馬を見りしに、車の前に雑人立ち隔てて見えざりしかば」
② 平安時代以後、荘園の荘官や地頭、有力農民などに隷属して、家事、農事、軍事その他の主家雑役に使われた者。また、財産として売買質入や譲渡の対象となった者。下人
御成敗式目(1232)四一条「奴婢雑人事〈略〉次奴婢所生男女事」
鎌倉時代、侍である御家人・非御家人に対して名主・百姓以下の一般の庶民をさす。甲乙人。凡下。
※吾妻鏡‐宝治元年(1247)一二月一二日「訴訟人座籍事〈略〉雑人、大庭〈不召外、相模・武蔵雑人等不入南坪〉」
中世具足をつけないで武士に従う雑兵。ぞうにんばら。
※勝山記‐天文一五年(1546)「名大将十四、五人打取る。雑人三千ばかり打取る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android