コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雑人 ゾウニン

デジタル大辞泉の解説

ぞう‐にん〔ザフ‐〕【雑人】

身分の低い者。下賤の者。
「車の前に―立ち隔てて見えざりしかば」〈徒然・四一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞうにん【雑人】

身分の低い者。下賤の者。また、一般庶民。
中世、主家に隷属して、家事・農事など雑役に従事し、戦時には軍事にも使われた者。土地などと同じに財産として売買・質入れ・譲渡の対象となった。
特に鎌倉時代、侍身分の者に対して名主・百姓以下一般の庶民の称。
中世、具足をつけずに戦に参加する雑兵ぞうひよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雑人
ぞうにん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

雑人の関連キーワード御成敗式目雑務沙汰ひさめく保奉行人鎌倉時代雑人輩質入れ問注所人買い国奉行高掛物中世身分政所雑役奉る僧兵年紀下人戦時