凡下(読み)ぼんげ

デジタル大辞泉の解説

ぼん‐げ【凡下】

[名・形動]
平凡で、すぐれたところのないこと。また、その人や、そのさま。
「私は全く―な執着に駆られて」〈有島・惜みなく愛は奪ふ
身分の卑しいこと。また、その人。
中世、侍身分に属さない一般庶民の称。甲乙人。雑人(ぞうにん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

凡下【ぼんげ】

甲乙人(こうおつにん)とも。中世の身分用語。鎌倉時代,一般庶民をさし,幕府法上侍とは厳重に区別されていた。室町時代以降は地下人(じげにん),土民などと呼ばれた。
→関連項目有徳人徳政流罪

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぼんげ【凡下】

中世の身分用語。12世紀には登場し,もともとは官位をもたない無位白丁の人々,俗人や修行未熟の僧など,凡人凡夫の意味で用いられた。しかし〈〉の用語が貴族に仕える級有位者から武士へと変化するにつれ,これと対置される一般庶民を指す身分用語となった。鎌倉幕府法によると,訴訟人の座籍は,〈侍〉が客人の座,〈郎等〉が広庇(ひろびさし)であったのに対し,〈雑人(ぞうにん)〉は大庭と定められて屋内への参昇を許されなかったが,この雑人が凡下であり,甲乙人(こうおつにん)とも呼ばれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぼんげ【凡下】

平凡なこと。また、平凡な人。凡夫。凡人。 「 -の一念こえずとか/梁塵秘抄」
主に鎌倉時代に用いられた身分的な呼称。武士身分に属さない一般庶民のこと。甲乙人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

凡下
ぼんげ

中世において侍(さむらい)身分以外の一般庶民を意味した身分称呼。おもに鎌倉時代に用いられた。甲乙人(こうおつにん)、雑人(ぞうにん)などともいわれ、幕府諸機関の下級職員や手工業者、商人なども含むが、一般的には百姓を意味することが多かった。凡下・百姓は、侍、下人(げにん)・所従(しょじゅう)とともに、中世の基本的な身分を構成するといわれ、したがって、幕府法には侍身分との区別が、刑罰や服装などを中心に明確に規定されている。たとえば、侍の刑罰は所領没収などの財産刑に特色があったのに対し、凡下のそれは禁獄や火印を面に捺(お)す、「片方鬢髪(びんぱつ)」を剃(そ)るなどの体刑が特色であった。また、凡下は烏帽子懸(えぼしかけ)・足袋(たび)の使用や鎌倉市中における騎馬が禁じられており、御家人(ごけにん)になることはもちろんできなかった。中世後期には地下人(じげにん)などともよばれた。[木村茂光]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼん‐げ【凡下】

〘名〙
① (形動) すぐれたところのないこと。平凡なこと。また、その人やそのさま。凡夫。凡人。
梁塵秘抄(1179頃)二「毗盧の身土の卑しきを、凡下の一念こえずとか、阿鼻の依正の卑しきも、聖の心に任せたり」 〔楊慎画品‐山水〕
② (形動) 身分の卑しいこと。また、その者やそのさま。
※左経記‐類聚雑例・長元九年(1036)四月二〇日「人々云、於禁中為不被行発葬之礼、有以御車可奉遷他所之儀云々、先例凡下人如此之時、乍車安置、而発葬之日用同車、而奉遷之時、御車、発葬之日、御輿頗可有両端憚歟者如何」
※御伽草子・ささやき竹(室町末)「其身ぼんげなりといへ共くゎんいをすすみける事、有がたきためしなり」
③ 中世、侍の身分に対置して一般庶民をさす身分上の用語。法律用語として使用されることが多かった。甲乙人。地下人。
御成敗式目(1232)一五条「右於侍者可収所領〈略〉凡下、輩者可火印於其面也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の凡下の言及

【地侍】より

…研究史上では,土豪・上層名主(みようしゆ)・小領主・中世地主などともいわれ,とくに一揆の時代といわれる戦国期の社会変動を推進した階層として注目される。中世社会の基本身分は・凡下(ぼんげ)・下人(げにん)の三つから成っていたが,中世後期の村落でも〈当郷にこれある侍・凡下共に〉〈当郷において侍・凡下をえらばず〉(〈武州文書〉)というように,侍と凡下は一貫してその基本的な構成部分であった。地侍はこの村の侍の俗称であり,凡下の上に位置していた。…

【無足人】より

…鎌倉期,将軍の側近や武士などにも〈無足近仕〉(《吾妻鏡》)とか,〈無足の身に候ほどに,在所いづくに候べしとも覚えず〉(《蒙古襲来絵詞》)といわれるような無足人は多く,幕府法でも所領,所帯の有無で刑罰を異にした(《御成敗式目》)。室町・戦国期,無足人は〈無足,不足之仁〉ともいわれて御家人とも凡下(ぼんげ)とも別に扱われ,刑罰の適用も〈さぶらいたらば,しよたいをけつしよすべし,所帯なくばたこくさせべし,地下のものたらば,そのおもてにやきがねをあてべし〉というように,侍は所領没収,無足の輩は他国追放,それ以下の地下人=凡下は顔に焼判(身体刑)というように,侍とも凡下とも区別された(《大内氏掟書》《塵芥集》)。《日葡辞書》は〈チギャウの不足を補うに足る収入も恩給もない人〉,転じて不足,無収入の貧しい軽輩とする。…

※「凡下」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android