雑煮箸(読み)ぞうにばし

精選版 日本国語大辞典「雑煮箸」の解説

ぞうに‐ばし ザフに‥【雑煮箸】

〘名〙 正月の雑煮を食べる時に用いるはし。白木で、すこし太めに作る。多くは材を用いる。ふとばし。《季・新年》
※物類称呼(1775)四「又浅草の市にて商人の雑煮おかんばしとよびて売侍るも、古く云伝たるなるべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android