太箸(読み)ふとばし

精選版 日本国語大辞典「太箸」の解説

ふと‐ばし【太箸】

〘名〙 正月の賀儀に雑煮を食うのに用いる。折れることを忌んで丸く太く作るところからいう。雑煮箸。柳ばし。《季・新年》
※俳諧・毛吹草(1638)二「ふとはし

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android