離合集散/離合聚散(読み)リゴウシュウサン

デジタル大辞泉の解説

りごう‐しゅうさん〔リガフシフサン|リガフシユウサン〕【離合集散/離合×聚散】

[名](スル)人々がより集まって仲間をつくったり、また別々に分かれたりすること。「信念もなく―する各派閥」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りごうしゅうさん【離合集散】

( 名 ) スル
離れたり集まったり、一緒になったり別れたりすること。 「小会派が-を繰り返す」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りごう‐しゅうさん リガフシフサン【離合集散・離合聚シュウ散】

〘名〙 離れたり集まったりすること。
※将来之日本(1886)〈徳富蘇峰〉五「何となれば彼百貨の離合集散する所以の者は唯此の機関あるが故なればなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android