コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雨垂れ拍子 あまだれびょうし

3件 の用語解説(雨垂れ拍子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雨垂れ拍子
あまだれびょうし

日本音楽の演奏用語。能楽や箏,三味線音楽において,各拍の長さや強さを変えずに,雨垂れの音のように平板に弾くこと。機械的で稚拙な弾き方として,軽蔑的な意味をこめていう場合もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あまだれ‐びょうし〔‐ビヤウシ〕【雨垂れ拍子】

雅楽や謡曲で、拍子を雨垂れのように一定の間隔でとること。
物事の進行がとぎれがちで、はかどらないこと。
「仕事が―になって出来べきものも仕損(しそこな)う道理」〈露伴五重塔

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あまだれびょうし【雨垂れ拍子】

日本音楽の用語。雨垂れのような等拍リズム。地拍子。実際の演奏では拍の伸縮が常用されるので、基本的な拍の想定概念としていわれる。また、初心者向きのリズムなので、否定的評価を伴っていうこともある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雨垂れ拍子の関連キーワード基本音日本音声学会日本音楽本音新日本音楽運動新日本音楽大演奏会大日本音楽文化協会ツキ(日本音楽)《日本音楽史》振リ(日本音楽)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone