コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雨垂れ拍子 あまだれびょうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雨垂れ拍子
あまだれびょうし

日本音楽の演奏用語能楽三味線音楽において,各拍の長さや強さを変えずに,雨垂れの音のように平板に弾くこと。機械的で稚拙な弾き方として,軽蔑的な意味をこめていう場合もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あまだれ‐びょうし〔‐ビヤウシ〕【雨垂れ拍子】

雅楽や謡曲で、拍子を雨垂れのように一定の間隔でとること。
物事の進行がとぎれがちで、はかどらないこと。
「仕事が―になって出来べきものも仕損(しそこな)う道理」〈露伴五重塔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あまだれびょうし【雨垂れ拍子】

日本音楽の用語。雨垂れのような等拍リズム。地拍子。実際の演奏では拍の伸縮が常用されるので、基本的な拍の想定概念としていわれる。また、初心者向きのリズムなので、否定的評価を伴っていうこともある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雨垂れ拍子の関連キーワード地拍子伸縮

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android