雨樋(読み)アマドイ

  • あまどい ‥どひ
  • あまどい〔どひ〕
  • 雨×樋

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 屋根などの雨水を受けて流す細長い樋。
※恋慕ながし(1898)〈小栗風葉〉三一「左(と)も右(かく)も雨樋(アマドヒ)の受筒を結び留めた四分の銅線(はりがね)を捩復(ねぢもど)して」
② 歌舞伎で用いる擬音用具の一つ。渋紙で底をはった、すべり台の形のもの。その上に小豆をすべらせて、雨の音に似せる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の雨樋の言及

【歌舞伎】より

…【松井 俊諭】
【音楽的要素に関する用語】
雨音(あまおと)雨が降る音を表す場合に,大太鼓を長桴(ながばち)で打ち鳴らす囃子。写実みを帯びて表す場合は,車形の中に小豆を入れてまわす〈雨車(あまぐるま)〉,団扇(うちわ)に大豆かビーズを結びつけた〈雨団扇〉,小豆や胡麻を流す〈雨樋(あまどい)〉などを用いる。 五つ頭(いつつがしら)《車引》のような荒事見得に,太鼓,大太鼓,能管で打ち囃す囃子。…

※「雨樋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雨樋の関連情報