コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪巌侑松 せつがん ゆうしょう

1件 の用語解説(雪巌侑松の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雪巌侑松 せつがん-ゆうしょう

?-1486 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。能登(のと)(石川県)の人。竜護寺の真化玄淳(げんじゅん)に師事し,その法をつぐ。総持寺をへて竜護寺の住持となり,のち信濃(しなの)(長野県)霊松寺にうつった。文明18年5月24日死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

雪巌侑松の関連キーワード西教寺東求堂ボツンヌーテンイザーク西教寺山水長巻蜷川親元日記ピコ・デラ・ミランドラフリードリヒ[3世]魔女裁判

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone